HUAWEI(www.huawei.comhttps://ja.wikipedia.org/wiki/華為https://en.wikipedia.org/wiki/Huawei)は世界最大の通信設備メーカーです、その砂漠から高山まであらゆる厳しい自然条件の中にある携帯基地局の電源技術を生かし、有力なパワコンメーカーになり遂げています、2014年出荷量が4GWに達して、世界Top10のパワコンメーカーに入りました。SUN2000シリーズの中、24.5KW機種は低圧と高圧案件両方とも使われます、28KW機種は高圧連系向けの機種です。

空冷式で壊れやすい換気ファンがない、IP65耐塩害仕様で長期的に安心して使えます。

低圧発電所に2台の24.5KW機種を使えば、現在主流の9.9KW5台の構成と比べて、システム全体のコスト削減ができます:

1.パワコン本体が2台で安くなります(価格に関して問合せてください)

2.交流集電箱が2回路になってコストダン

3.2台12ストリングになって、一ストリングのパネル枚数が増え、PV延長ケーブル、PF管などの部材が少なくて済みます、それに電気工事時間の短縮、工事費の削減にも繋がります

4.出力480Vで電流が29.5Aと小さい、引込み電柱が遠くても細いケーブルでも、電工部材安くなりながら、電圧降下・抑制が発生しにくい

5.待機電力が1W未満で20年間の電気代が安くなります。

弊社の試算で過積載66.78KW発電所1基でのコストは現在主流の構成(9.9KWx5)と比べてパワコン関連部材だけでも60~70万安くなります。

高圧発電所の場合、28KW機種を使えば、現在主流の集中型パワコンと比べて:

1.接続箱と直流集電箱が要りません

2.集中型パワコン用のコンクリート台座が要りません、低圧と同じように架台に取り付けられます。

弊社試算で500KW高圧発電所に28KW機種を採用すると、現在主流の集中型構成よりパワコン関連部材だけでも30~40%のコストダンが可能です。

HUAWEISpec

 SUN2000Example