サイトに幾つかの新商品を出しました、その中に目立つのは日本一安いソーラー発電所キット。

  今まで1KWのパワコン容量に1.2KWのパネルをつけてきました。最近幾つかの50KW未満発電所のデータを研究してみると、やはりもっとパネルを詰めるべきとの結論になりました。大体パワコン容量1.4倍のパネルを付けた方が良さそうです。5月・10月涼しい晴れる日にパネルから出る電気多少パワコンにカットされますが、NEDOに公開されている日照量のデータ計算してもその分は年間総発電量の0.5~1%ぐらい過ぎないです。

  詳細省略しますが、イメージを掴むために概算してみましょう。

  日本でよい所でも平均日照量が0.85KWH/m2です、パネルを15度とすると、変換効率が95%になります、温度係数は0.85(パネル表面温度60度)とすると、実の効率は0.85x0.95x0.85=0.686, つまり1.46倍のパネル容量です。

  こういう理由で72KWキット66KWキットを用意させていただきました。72KWキットと66KWキットのパワコン容量が違います、72KWキットに9台5.5KW(5台9.9KWでも可)を用意しているのに対して、66KWキットにもっと安い5.8KWパワコン8台を使います、それで66KWキットのKW単価が逆に72KWより安いです(普通は数量が増えると単価が下がります)。

  同じ考えで小規模16KWキット17KWキットも用意しました。

  300Wのパネル各種も用意しました、サイズがかなり大きいです、体力に自身がある方にぜひ挑戦して頂きたいです。