IK250‐66 66KWの太陽光発電キットでしたが、実証結果によって、5.8KWパワコンに4ストリングの250Wソーラーパネルを組んで、ストリングあたりに8枚パネルの構成(64KW)の方が、3ストリング、ストリングあたり11枚パネルの構成より効率がよいことを分かったので、IK250-66をIK250-64に変更させて頂きます。この変更により、寒い環境の下でも、ストリングの開放電圧がパワコンの有効動作範囲内に収まりますから、総発電量が多くなります。架台の構成としては、お客様の土地の形に合わせてデザインすることが可能です。

 この変更により、キットの価格も980万円まで下がります。