EG-M48-C(200W~220W)

在庫状況: 在庫あり

お問い合わせ

クイックビュー

イージン 多結晶 200W~230W ソーラーパネル、純黒のタイプも御座います。EgingLogo


認証リスト


急激な為替・原材料価格変動により事前予告なく価格を調整することがあります、お問い合わせください。


納期: 大量注文の場合、約3~4週間

EG-M48-C(200W~220W)

ダブルクリックすると大きな画像を表示します。

ズームアウト
ズームイン

もっと見る

詳細

イージン(Eging PV)の単結晶ソーラーパネルです。イージン(www.egingpv.com)は世界有数のソーラーパネルメーカー、上海株式市場の上場企業です。

M48シリーズパネルは最新技術の成果です。最新鋭新工場で作られた高変換率の太陽光電池セルを使って、反射防止コーティング (ARコーティング) が施されて、眩しい反射光を押さえながら発電効率を改善します

 

 EG-M48-C

 

今まで設置面積が狭い屋根などに72個以上125サイズ以下の電池セルを使う200Wパネルが主流だったが、Voc開放電圧が40V~50V以上で、パワコンの一回路の電圧上限は400Vぐらいの場合が多いですから、一ストリング回路に最大7~9枚しか繋がれなかった、パワコン容量の1.4倍パネルを繋ぐ最適化設計ができなくて(http://infipwr.com/shop/news/CapacityRatio/)、パワコンの稼働率が低く、システム全体の効率が良くなかった。新しい高変換率156サイズ電池セルを使って、開放電圧が25Vと低く、一ストリング回路に15枚まで直列接続でき、最大3.3KWのパネルを繋げます。

 

例:代表的なHxTシリーズ240Wパネル(開放電圧52.4V)、400V入力制限に1ストリング回路に7枚が上限です。

 HxT240WExample

EG-M48の場合 

EG-M48HighEffciency

 

限られた面積により多く発電できるようになりました、特に単価高い土地や、屋根にで高変換効率、低開放電圧のパネルを使うと、もっと有効に面積を利用でき、全体の投資効率が改善されます。

 

現在TUV、VDE、JET認証を受けています。

お客様が安心して使うために、イージン社が10年間の品質保証と25年間の出力保証を付けています。

  

関連資料:

仕様書 JET証書  TUV証書 VDE証書 25年品質保証書 25年保険

商品のタグ

タグを区切る場合は半角スペースを使用してください。単語にはシングルクオート(')を使用してください。